小児はり

はり、と言っても刺しません。

小児はりはお子様の皮膚をさするだけの道具です。

 

子どもはかわいいけれど、

大変なこと、たくさーーんありますよね。

 

あと少しだけでも、よく寝てくれたら。

あと少しだけでも、落ち着いてくれたら。

​子育てしていたら

そんな「あと少しだけ」たくさんあります。

​小児はりで「あと少しだけ」をサポートいたします。

​小児はりについて

皮膚は第三の脳と言われています。

心身の不調サインが、皮膚にあらわれて硬くなり、その場所へ小児はりを行っていきます。

皮膚は脳と同じ外胚葉由来。

皮膚への刺激が信号になって脳へ送られ、内臓や心へ働きかけます。

自律神経の発達、情動活動を促すなどお子様の心身の発達にとても良いと考えられています。

​副作用もないので安心安全です。

17956528942333861.jpg

​「小児はり」と言っても、刺しません。

子どもに鍼を刺すの?とびっくりされてしまうかもしれませんが、刺しません。

小児はりは刺すものだけでなく、皮膚をさする鍼のことです。​

写真は小児はりに使用する鍼ですが、このようにいろいろな​形のものがありますが全て皮膚をさする鍼になります。

気持ち良い刺激じゃないと効果が出ない小児はり

刺さない鍼で、何か意味があるの?と思われるのではないでしょうか?

実は私も鍼灸師になりたてのころは思っていました。

でも、それは間違いで小児はりは「小児にとって気持ち良い刺激」じゃないとダメなんです。

​気持ち良い、心地よい刺激が良い反応を引き出します。

対象年齢

生後1ヶ月〜小学生卒業まで。

はりきゅう鈴の音では、大人の治療をされたかたは小児はりは無料でさせていただいております。

​小児はりだけの治療をご希望の方はご相談ください。

​小児はりの施術のながれ

1

入浴後の赤ちゃん

オムツだけ。

​直接、肌をスリスリしますのでお子様にはお着替えを脱いでいただき、オムツだけになっていただきます。

2

小児はり2.jpg

小児はりでスリスリ。

​お腹、腕、足など全身をスリスリとしていきます。

施術時間は5分から10分程度です。

3

スプーン.jpg

​レクチャー

保護者のかたに、日々のケアのためにスプーンで代用した小児はりのやりかたをお伝えしております。​