• suzunonehari

7月8月9月セミナー

久しぶりのブログとなってしまいました。

セミナーを受けても、なかなかまとめられませんでした。

インプットだけじゃなく、ちゃんとアウトプットもしないとなぁと反省です。


7月31日病鍼連携連絡協議会 戦略的卒後研修

「うつ病の臨床・知識と技法」

講師は東京有明医療大学 松浦先生


うつ病について大変勉強になるお話をたくさん聞かせていただくことができました。


・うつ病に対して鍼治療を行なっている論文について

→コクランレビュー(2018)

鍼治療は、各対照群と比べて有意にうつ症状を改善している。

ただし個々の研究の質は低く今後更なる臨床試験の実施が必要、とレビューにあるとのこと。

うつ病の患者さんにとって一番気になるのはやはり「効くかどうか」ということについてと思います。このようなデータがあると説明に使えますのでありがたいです。


・鍼刺激中の脳血流の変化について

うつ病のかたは脳の血流が低下している、と言われています。

では鍼刺激中の脳の血流はどうなっているのかということについて、MRIで研究した結果を教えていただきました。

その結果、うつ病に罹患されている方としていない方で、血流がよくなった脳の部位が違ったこと!

うつ病のかたは、血流が悪かった「認知や意欲、判断力」を司る脳の部位は血流が向上し、

過剰に活動してしていた「ストレスを感じるところ」は抑制されたことがわかり、鍼刺激によりバランスが良くなったという反応が出たとのこと!


鍼灸治療は出っ張ったところを平に、足りないところを平に、というちょうどよく真ん中に調整する(中庸にする)と言われてきておりますが、それが目に見えてわかるとなんとも興味深いです。

なぜそうなったのか、とエビデンスがはっきりするのはまだ先でしょうが、このような話を知っているかどうかで、患者さんへわかりやすくお伝えすることができるので、とても為になりました。


東京都鍼灸師会設立70周年企画「鍼灸師のための漢方診療講座」全3回

講師は東京女子医科大学 東洋医学研究所クリニックで漢方診療をされているドクターが行ってくださいました。

漢方薬について、診断について、診察を行う上で気をつけていることなど、全3回に分けて学びました。

そのほか、この講座の一番の特徴である漢方診療を行っているドクターへの患者さんの紹介方法についても説明がありました。

町のイチ鍼灸師として、ドクターへ患者さんを紹介するという行為はなかなかのハードルの高さを感じますが、それが患者さんの利益につながるのであれば利用して行こうと思います。


9月20日東京都鍼灸師会主催「鍼灸臨床から営業戦略を考えるセミナー 東洋医学を生かした経営戦略 ~伝統鍼灸の養生治療~」

最初セミナーの案内を見たときに「営業戦略?経営戦略?」となりましたが、面白そうと思いました。

というのは鍼灸師って私含めて本当に営業とか経営に疎い人の集まりなんです笑

けっしてお金をたくさん稼いで華美な生活を望んでいるわけではないですが、やはり仕事としている以上、営業や経営の必要性は感じますし、また他の先生はその辺りどうしているの?と気になりますので笑 受講しました。

講師は専門学校時代に教員としていらした日本伝統鍼灸学会 理事の手塚先生。


受講して、とても参考になるところが本当に多かったです。

私もよく使う「未病」という言葉。

病気になる前に治す。

患者さんを病気にさせない。

養生の大切さを伝える。

それが患者さんへの利益につながり、施術者の利益にもつながる。


そのほか営業の話としては

スタバとかサイゼリアの話もありました。その経営者の本を読むと面白いですよとおすすめもいただいたので読んでみようと思いました。


9月23日目黒区鍼灸師会主催会員限定「無分流打鍼研修会」

久しぶりのオフライン受講で目黒区まで行ってきました。

感染症対策に留意し開催&受講いたしました。

内容としては、打鍼について学んできたのですが・・・

鍼灸師以外のかたにとっては打鍼ってなんですか?って感じですよね。

こんな道具を使います。



太めの鍼(見かけは棒)を小槌を使って、響かせる感じです。

結構「コン コン」といい音がします。


このような特殊な鍼を使うメリットとしては「効果が早い」

普段の治療でも、効果を出すことはできるけれども、それまでの時間が早くてすむとのこと。

「結構変化しますね」など言いながら実技練習を楽しみ&学びました。


久しぶりの実技セミナーとなりましたが、ペアになって練習し、それを講師の先生が手取り教えていただけるというのがとても贅沢なんだなと感じました。



こうして書いてみると、思っていたよりセミナーを受講しておりました。

ちゃんと書くって大切^^;

学ぶだけでなく、患者さんの利益に還元できるように努めます。


よこやま



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示