• suzunonehari

鍼をすると肌がきれいになる。

去年受講した美容鍼のセミナーで、この図を見て「鍼ってすごいなぁ!」と思ったのですが、

改めて考えてみるとそりゃそうだと納得。


各美容法がどこまでアプローチできるかという図です。


化粧水、美容液は表皮のみですが、 鍼は奥の血管やリンパがある皮下脂肪、そしてその奥の筋肉まで届いてアプローチすることができる。 そして、その結果コラーゲン繊維やエラスチン繊維に、より栄養を与えることができる。 美容鍼は、顔の筋肉にアプローチをして、たるみやハリを改善していくものですが、 じゃぁお顔だけに鍼すればいいのか、というとそうではないです。 東洋医学では、内臓の状態は肌にあらわれると言われています。 お顔に鍼をしない今まで行ってきた全身の鍼灸治療でも、肌がきれいになってきたなぁと思ったことはよくあります。 特に背中のニキビのようなブツブツがなくなって、きれいになっていくことは本当によくあります。 (背中なので患者さんがあまり気づいてくれないのが本当に残念^^;) 背骨には内臓にいく神経や血管がくっついているので、背中のコリをほぐしていくと内臓の働きも良くなってくるのです。 その結果、背中の肌、そして全身の肌がきれいになってくる。 健康的な美しさのためには、身体の中からきれいになってくること。 患者さんが、いつもいつまでも自分らしくいられるように、がんばります。

よこやま 

0回の閲覧

suzunonehari

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram