• suzunonehari

日光東照宮と、健康オタクの徳川家康。

お盆休みをいただいて、地元那須に娘を連れて帰省しておりました。

娘の従姉妹たちと、日光でキャンプをしました。

せっかくだからと日光東照宮にお参りにも行ってきました。

日光東照宮は、おそらく小学生のときに遠足で行ったような気がする・・・というくらいの記憶で、大人になってから訪れるのは今回が初めてです。


日光東照宮といえば徳川家康が御祭神として祀られていますが、

徳川家康といえば健康オタクだったと思い出し、

本棚にあった『徳川将軍家 十五代のカルテ』篠田達明著を引っ張り出してきました。


家康の健康オタクぶり

・運動に励む。毎日刀、槍、馬、鉄砲、水泳にと鍛錬に励む。特に鷹狩りが好きだったとのこと。

・玄米と大豆味噌を中心とした粗食を徹底。

・サプリメントとして精力剤の八味地黄丸を愛用。

・自ら漢方を調合していた。

・老人になってからは、少女と同じ寝床で寝た。これは夜伽ではなく、若い女性のエネルギーを浴びて精気を回復するため、って、今だったら犯罪(怒)


このように養生に励んだ結果、家康は75歳まで生きました。

もし家康が短命だったら、江戸幕府はなかったでしょうし、もしかしたら大阪が首都になっていたかもしれないな・・なんて、そんなことを考えてしまいました。


久しぶりの日光は、おしゃれなお店が増えて、外国人観光客のかたもたくさんいらっしゃいました。

今度は中禅寺湖のほうまで行きたいな。


よこやま

0回の閲覧

suzunonehari

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram