• suzunonehari

古典からみる春の養生のハナシ。

春らしい暖かな日が続いていますね。


今回は季節に合わせた過ごしかたのお話です。


東洋医学の古典『黄帝内経素問』の四気調神大論編によると、

病気の予防や寿命を伸ばすには、季節に合わせた過ごしかたをすることが大切と言っています。


素問いわく、春の過ごしかたは

少し遅く寝て少し早く起きる

ゆっくりと歩いて髪をほどき、身体は伸びやかに、心を励まし、目を楽しませる。


という、いまいちわかるようなわからないようなという感じなんですが^^;


つまり、東洋医学でいうと、春は草木がぐんぐんと成長する時期。

人間も同じように、伸びやかに過ごしなさいということなんだと思います。


そして「目を楽しませる」という言葉。


我が家の前の木蓮の花が咲きました。

「咲いた!キレイだなぁ」と思ったら、

そうか、素問に載っていた「目を楽しませる」ってこういうことかと納得。


最近、コロナのことで色々と塞ぎ込みがちですし、

お花見の自粛とも言われていますが・・・


外にでた時は、ぜひ目を楽しませてみてください。


よこやま

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月は行く、2月は逃げる、3月は行く 言葉の通り、時間が過ぎていく毎日です。 ここ最近受けたセミナーのことなど。 2月6日 目黒区鍼灸師会主催「耳鳴りめまいに対しての鍼灸治療」 コロナ禍になり、マスク生活やストレスも関係し、耳鳴りやめまいの症状を訴える方が増えてきました。 治療法としては関係する神経領域への鍼(顔) 耳の中の血流を良くするため首への鍼 自律神経調節のため四肢への鍼灸、とのこと。 私