• suzunonehari

健康でいること。

治療家にとって、大切なこと。

この「健康でいること」とても大切だと思っています。


もちろん日々学んでいく姿勢だったり、社会人としてのマナーがあったり、清潔感があることは最低限当たり前のことですが、

日々心身ともにフラットな健康な状態でいることって、少し難しいことですが大切なことだと思うのです。


治療家の仕事は、患者さんをより元気にすること。


その仕事のためには、まず自分が元気であって、その元気を患者さんに分けてあげるくらい元気じゃないとと思うのです。


そのために私も、月に1、2回は鍼灸治療を受けますし、ジムに行って鍛えています。


こうしてブログにも書いてしまったし笑

来年も日々健やかに過ごせるように、頑張ろうと思います。





健康の証「献血」

先日、初めて行ってきましたー!!

今まで、行ったら受付終了だったり、ヘモグロビンの値が少し足りなかったりして、タイミングが合わずできなかったのです。

今後献血も、ある程度定期的にできるよう養生して行こうと思います。


よこやま


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月セミナー、いろいろ。

申し込みしたものの、なかなか見れず溜まっていく(^^; アーカイブ配信が本当にありがたいです。 12月5日病鍼連携連絡協議会特別講座 「アトピー性皮膚炎に対する鍼灸治療」 講師は明治国際医療大学鍼灸学部のの江川先生。 アトピー性皮膚炎の概要から鍼灸治療方法、治療効果まで、ご自身の経験と研究を踏まえて詳細にご教示いただきました。 特に印象に残ったものが「皮膚の状態から全身の状態を見極めて鍼灸治療を行

11月セミナー、いろいろ

11月も学びの多い1ヶ月となりました。 ・国際美容鍼灸学会(10月開催、アーカイブ受講) 美容鍼灸の技術的なセミナーかなと思っておりましたが、 鍼灸師にとって必要な顔面解剖学、美容皮膚科学を学ぶ、という案内通りにとてもアカデミックで興味深い内容でした。 特に興味深かったのが、シンポジウム「インフォデミックを考える」 某アイドルグループリーダーと同じ名前の島根大学の大野智先生。 インフォデミックとは

suzunonehari

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram