• suzunonehari

健康でいること。

治療家にとって、大切なこと。

この「健康でいること」とても大切だと思っています。


もちろん日々学んでいく姿勢だったり、社会人としてのマナーがあったり、清潔感があることは最低限当たり前のことですが、

日々心身ともにフラットな健康な状態でいることって、少し難しいことですが大切なことだと思うのです。


治療家の仕事は、患者さんをより元気にすること。


その仕事のためには、まず自分が元気であって、その元気を患者さんに分けてあげるくらい元気じゃないとと思うのです。


そのために私も、月に1、2回は鍼灸治療を受けますし、ジムに行って鍛えています。


こうしてブログにも書いてしまったし笑

来年も日々健やかに過ごせるように、頑張ろうと思います。





健康の証「献血」

先日、初めて行ってきましたー!!

今まで、行ったら受付終了だったり、ヘモグロビンの値が少し足りなかったりして、タイミングが合わずできなかったのです。

今後献血も、ある程度定期的にできるよう養生して行こうと思います。


よこやま


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月は行く、2月は逃げる、3月は行く 言葉の通り、時間が過ぎていく毎日です。 ここ最近受けたセミナーのことなど。 2月6日 目黒区鍼灸師会主催「耳鳴りめまいに対しての鍼灸治療」 コロナ禍になり、マスク生活やストレスも関係し、耳鳴りやめまいの症状を訴える方が増えてきました。 治療法としては関係する神経領域への鍼(顔) 耳の中の血流を良くするため首への鍼 自律神経調節のため四肢への鍼灸、とのこと。 私