• suzunonehari

インフル、インフル。

1月後半に娘がインフル罹患。

1週間夫と調整して仕事をやりくり。

でもどうしても夫の仕事の都合がつかず、何名かの患者様は泣く泣くキャンセルさせていただきました。

そしてやっと幼稚園に登園できるかと思ったら、、、


まさかの夫婦でインフル罹患。

仲良く病院に行き、インフルA確定。


自分が感染となると、もうどうしようもない( ; ; )

二週連続キャンセルさせていただいた患者様もいらっしゃり、それでも「また来週」とおっしゃっていただけて申し訳なくありがたく。。。


体調管理の大切さを改めて実感。

患者様のお身体を元気にするためにも、まずは自分!

このようなことが二度とないよう、自分の身体へのテコ入れ頑張ります。



インフルといっても熱は全然出ず、ただただ体がだるかった5日間。

ひたすら横になって本を読んでました。


『彼方の友へ』伊吹有喜著

戦前〜戦後の「乙女の友」という雑誌の編集部が舞台とした小説です。

実際の「少女の友」という雑誌がモデルとなったよう。

暗い時代で辛くて辛くても、いつの時代も女の子はキラキラしたものが大好きで、たとえそれが雑誌の切り抜き1枚でも、それを心の拠り所として生きていける。

最後は涙が止まらず、心が温かくなった良いお話でした。


よこやま



0回の閲覧

suzunonehari

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram