• suzunonehari

この季節だるいのは、湿邪のせいかも。

最近診させていただいた患者さん皆さまおっしゃる「だるい」。

「10連休もあったGWの疲れなのかなぁ、とにかくだるい」とのこと。


もちろん疲れもあるのですが、季節の変わり目、そしてこれから梅雨になってくる湿気のせいでもあります。


湿気は湿邪といって、身体に入ると心身ともに重だるくなります。

疲れは湿邪を身体に入りやすくし、さらに症状も悪くしてしまいます。

そして湿邪は脾胃を悪くするもの、食欲低下や胃腸の働きも弱くしてしまいます。


対処法としては「汗をかいて湿邪を外にだす」こと。

軽めのウォーキングをして汗をかいて、気も発散オススメです。

ウォーキングもできないくらいだるい、というかたはお風呂に入って汗をかくのもオススメです。

という話をしましたら、「お風呂に長く入るのが苦手で」という患者さんがいらっしゃいました。

そういうかたは、いきなり肩まで浸かるようなお風呂の入りかたではなく、

ぬるい温度で入ったり、また胸下程度のお湯の高さに浸かる半身浴がオススメです。

ぬるめの温度でも長く入ると汗が出てきますよ。


この時期に汗をかくことは湿邪を体の外に追い出すだけでなく、

これからやってくる夏の暑さに順応しやすくなるという意味でも、とてもオススメです。


自分の身体に向き合って、無理のない範囲でやってみてください。


よこやま


#湿邪

#汗

#身体作り

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

いろいろ3月。

セミナーのブログばかりアップしていて(それもそんなに書いていないけれど^^;) 振り返り的なブログを全く書いていないことに気づき、ここ最近のできごとや思ったことなどつらづらと書いて行こうと思います。 ルート634さん 武蔵野市のweb製作会社シンギさんが運営されているwebメディア「ルート634」 武蔵野三鷹エリアで活動されているかたのインタビューがご紹介されているのですが、そちらに私の記事も載せ

12月セミナー、いろいろ。

申し込みしたものの、なかなか見れず溜まっていく(^^; アーカイブ配信が本当にありがたいです。 12月5日病鍼連携連絡協議会特別講座 「アトピー性皮膚炎に対する鍼灸治療」 講師は明治国際医療大学鍼灸学部のの江川先生。 アトピー性皮膚炎の概要から鍼灸治療方法、治療効果まで、ご自身の経験と研究を踏まえて詳細にご教示いただきました。 特に印象に残ったものが「皮膚の状態から全身の状態を見極めて鍼灸治療を行

suzunonehari

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram