• suzunonehari

お勉強「眼科疾患への鍼灸アプローチ」

最終更新: 2020年8月19日

1月26日日曜日、目黒区鍼灸師会主催「眼科疾患への鍼灸アプローチ」を受講してきました。

講師はNHKガッテン!にもご出演経験もある東大リハビリ室勤務の粕谷先生。

座学講義に始まり、粕谷先生の実技を拝見した後、参加者ペアになって実技をして先生にチェックしていただくという、なんとも贅沢な濃密な3時間半となりました。


眼科分野に対する鍼灸の効果はこの三点とのこと。

1 眼の血流改善

2 毛様体筋の機能向上(毛様体筋は目のピント機能を調節している筋肉です)

3 涙腺分泌の亢進


この効果を出すために、実技ではペアになって

・眼の周りのツボ

・足のツボ

・首(後頭下筋群)

への刺鍼を行って、講師の先生にチェックしていただきました。


今回この実技をチェックしていただく、というのが本当にありがたかったです。

私は一人で仕事をしているのでなかなかご指摘いただく機会もないので、鍼の刺す角度や深さなど見てもらえてよかったと思います。



普段お身体を拝見させていただいている患者様の中にもドライアイ、眼精疲労にお悩みのかたは多いです。

今までの私が行っていた治療をブラッシュアップできたセミナーとなりました!


今回講師になっていただいた粕谷先生ご出演のNHK「東洋医学ホントのチカラ」は、

2月5日水曜日夜7時30分から放送です!

お楽しみに!!


よこやま

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月セミナー、いろいろ

11月も学びの多い1ヶ月となりました。 ・国際美容鍼灸学会(10月開催、アーカイブ受講) 美容鍼灸の技術的なセミナーかなと思っておりましたが、 鍼灸師にとって必要な顔面解剖学、美容皮膚科学を学ぶ、という案内通りにとてもアカデミックで興味深い内容でした。 特に興味深かったのが、シンポジウム「インフォデミックを考える」 某アイドルグループリーダーと同じ名前の島根大学の大野智先生。 インフォデミックとは

10月セミナーいろいろ。

今年も残り2ヶ月あまり。 10月もオンラインの恩恵を受けまくり、学びが多い1ヶ月となりました。 10月15日第二回鍼灸師を身近に感じるセミナー「パーキンソン病と鍼灸」 講師は鍼灸師の建部陽嗣先生。 こちらのセミナーはドクターに対して、鍼灸を知っていただくというものでした。 なので、最初に鍼についての論文の紹介や、東洋医学について、鍼の作用機序などご説明があり、そのあと鍼の鎮痛作用、抗炎症作用、パー

suzunonehari

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram