感染症対策・衛生管理について

コロナウィルス感染症に対する緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き強い意識を持って対策を行うことは必要です。

鍼灸治療は医療と同じで、ソーシャルディスタンスを確保することはできません。

そして、鍼灸治療は当然コロナ禍の時でなくても、感染症対策と衛生管理を徹底することは当然です。

いつも通りに、ときにはいつも以上に徹底して行なっていきます。

​当院は患者様のご自宅で鍼灸治療を行いますので、いくつかは患者様にもご協力をお願いすることになります。どうぞよろしくお願いします。

DSC02211_edited.jpg

使い捨てのディスポーザブル鍼を使用しております。

DSC02212_edited.jpg

鍼皿

治療ごとの使い捨てです。

ゴム手袋

​手袋・手洗い

​使い捨て医療用グローブを使用し、鍼治療を行います。

​また、鍼灸治療前中後と、こまめに手を洗い、清潔に保ちます。

サージカルマスク

マスク

必ずマスクを着用し、鍼灸治療を行います。

IMG_9233_edited.jpg

​体調管理

毎朝検温を行い、通常より高い場合は鍼灸治療を行いません。

また熱がなくても、喉の痛みや倦怠感、咳など普段と違う様子が見られた場合も行いません。

日頃からなるべく電車やバスなどの公共交通機関を利用しないように努め、3密を避けて行動いたします。

IMG_7578.JPG

​使用済鍼の廃棄方法

契約している産業廃棄物処理業者様に、引き渡し、工場にて融解処理していただいています。

患者様へのお願い

コロナウィルス感染症対策のため、患者様にもご協力をお願いしております。

​当院が所属しております公益社団法人日本鍼灸師会のガイドラインに従っております。

1.

鍼灸治療前に検温のお願いと

咳嗽などの呼吸器症状がないか確認をしております。

2.

鍼灸治療を受けられる際は、マスクの着用をお願いいたします。

3.

私がお部屋から退室したあとは、窓を開けて十分に換気を行うようお願いいたします。

suzunonehari

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram