レディース鍼灸

中国の最古の医学書『黄帝内経 素問』では、女性の身体は7の倍数の年齢で大きく変化すると言っています。

その年代ごと、ライフステージごとの女性特有の心身の不調に対処し、自分らしくいつも過ごせるようにサポートしていきます。

​月経困難症(月経痛)

月経困難症は痛み物質であるプロスタグランジンが引き起こす頭痛や疲労感などの全身症状、子宮筋の収縮や血流低下による腹痛などの症状があります。

​東洋医学では月経痛を「痛経」といい原因は不通則痛(通ぜざれば痛む)と考えており、気血の運行の滞りをよくすることを目的として鍼灸治療を行なっていきます。

月経前症候群(PMS)

月経の1日から7日程前にイライラや抑うつ、乳房痛、頭痛などの症状があらわれ、月経開始とともに症状が消失します。

その原因は西洋医学では不明ですが、月経があるほとんどの女性がPMSの症状を実感しております。

東洋医学では気血水のバランスが崩れたことが原因と考えており、鍼灸治療によりそのバランスを整えていきます。

更年期障害

更年期障害は、閉経期前後に見られる女性ホルモンの減少に起因する様々な症状のことを言います。

のぼせやほてり、発汗などの自律神経失調症状。

倦怠感や抑うつ感、イライラなどの精神神経症状、その他の症状として腰痛肩こり、疲れやすさなどがあります。このような様々な訴えに対応していきます。

冷え性

身体の特定の部位の冷えを感じる、自覚的な訴えを冷え性といいます。。

また冷え症は、他の不調の原因ともなります。

鍼灸治療では、寒湿を取り除き陽気の巡りをよくしていきますが、冷えのぼせや胃弱など冷えにもタイプがあるのでそのかたの体質に合わせて行なっていきます。

suzunonehari

  • Facebook