suzunonehari

  • Facebook

美容鍼灸

美容鍼では、普段のお手入れでは届かない真皮層、皮下組織、筋肉までアプローチをすることができます。

深いところまで刺激をすることで、血行が良くなり、コラーゲン繊維、エラスチン繊維に栄養を与えることで、肌の弾力やハリにアプローチをして行きます。

美容鍼灸の3つの効果

01

ハリのある健康的なお肌へ

鍼を刺すことで、お肌の真皮層に微小な傷を与えます。

この傷が自己治癒する過程で真皮層細胞のコラーゲン繊維、エラスチン繊維が活性化し肌の組織が改善されていきます。

02

筋肉のコリをほぐし、老化を防ぐ

お顔の筋肉も、肩こりと同じように噛み癖や筋肉を動かさないことで知らないうちに凝っています。お顔のコリがあると筋肉が硬くなってお顔が大きく見えたり、頰が凝っているとほうれい線の原因となります。鍼を刺して筋肉の緊張を緩ませることはとても大切です。また、加齢とともに筋肉は減っていってしまいます。筋肉が弱くなると皮膚や脂肪が支えられずたるんでいきます。鍼で筋肉を刺激することにより質の良いハリのある筋肉を作って筋肉の老化を防ぎます。 

03

全身へのアプローチ

東洋医学ではお体の不調がお顔にもあらわれてくると考えられています。例えば疲労からくる肌荒れや、ニキビ、目の下のクマなどです。

東洋医学の視点から、全身治療を行うことにより、お身体内面から健康的な美しさを引き出して行きます。

​鍼は皮膚の奥まで届く

普段のお手入れの化粧水や美容液では、皮膚の表面しか届くことができませんが、美容鍼では一番奥の筋肉まで届きます。

深いところまで刺激をすることで、血行が良くなり、筋肉の上にあるコラーゲン繊維、エラスチン繊維に栄養を与えることで、肌の弾力やハリにアプローチすることができます。