About me

横山 寛乃 (旧姓 船山)

Hirono Yokoyama

 

はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師

2011年に東洋鍼灸専門学校 卒業

卒業後は都内の不妊治療専門の鍼灸院、

整形外科に勤務。

東京都鍼灸師会、日本鍼灸師会所属

大師流小児はり

趣味は読書、キャンプ、映画

自分を必要としてもらえることに大きな喜びを感じます。

「出会えてよかった」そう言っていただけるように一生懸命治療いたします。

 

小学校4年生のときに母を亡くしました。その母の入院生活の中で感じた漠然とした「何かの役に立たないと」という思い。

その思いをよくわからないまま成長し大人になりましたが、鍼灸師としてやっと解放できたと思います。

患者様に喜んでもらえることが私の喜びです。

 

不妊治療専門の鍼灸院で学んだ深く広く学ぶ大切さ。

鍼灸専門学校卒業後は、不妊鍼灸治療を専門に行う鍼灸院に勤めました。

なぜその分野に進んだのかというと、専門学校のクラスメイト(男性)が不妊治療中で、毎日授業が終わったあと彼に治療を行なっていてやりがいを感じたこと。

また、女性の身体について深く学ぶことになるので、鍼灸師として大きく成長ができると思ったからでした。

ちなみにそのクラスメイトの彼は卒業後すぐ行なった顕微授精で奥様が妊娠。出産の報告をもらったときは嬉しかったです。

 

鍼灸院では、技術だけでなく、不妊症、婦人科疾患、女性の身体のこと、マクロビなどの食事療法などを学びました。

毎日たくさんの患者様の鍼灸治療を担当し、多くの喜びを共有することができました。

無事ご懐妊され鍼灸院を卒業されたあと、患者様からいただくご出産のご報告は本当に嬉しくて励みになります。この道に進んで間違っていなかったと感じる瞬間です。

そして、もちろん力になることができなかった多くの患者様もいらっしゃいます。あの患者様は今どうされているのだろうか、他になにか方法があったのではないかと今でも考えます。

 

自身の妊活中に出張鍼灸院「ふなやま鍼灸院」を開業しました。

そしてその後出産し、出産後半年で働き始めました。

子どもを一時保育に預けながらの仕事は大変なこともありましたが、鍼灸治療を行うこと、患者さんとの触れ合い、そして患者さんに喜んでいただくことは何事にも代え難く、私には必要なことだとつくづく実感いたしました。

ただ、出産後の自身の体力低下や、育児疲れからくるイライラや、母乳が出づらくて悩んだ経験などから、産前産後の女性の大変さを、身を持って実感いたしました。

この時に、身体が辛くなると心も辛くなる。そしてその逆も然り。

身体が楽になれば、心も楽になる。ということを私も実感いたしました。

その後、出張の鍼灸治療を行いながら、もっと人の体を立体的に学びたくなり整形外科のリハビリ室でも鍼灸治療を行いました。

鍼灸院では診ることのない重症の患者さん、レントゲンの見方、薬のことなど、本当に多くのことを学びました。。

整形外科退職後は、再び出張鍼灸院をメインにリスタートすることになり、

鍼灸師の名前を、結婚後の性にすることになり、鍼灸院の名前を「はりきゅう 鈴の音」にすることにしました。

 

鍼灸治療を受けることにより、心身が軽くなって、明日もまた頑張ろうと思えるようなお手伝いがしたいと強く思います。

患者さんが自分らしく健やかに毎日過ごせるように。

suzunonehari

  • Facebook