suzunonehari

  • Facebook

About me

横山 寛乃 (旧姓 船山)

Hirono Yokoyama

 

はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師

東洋鍼灸専門学校卒業

卒業後は都内の不妊治療専門の鍼灸院と、

整形外科に勤務。

東京都鍼灸師会、日本鍼灸師会所属

大師流小児はり

趣味は読書、キャンプ、映画

自分を必要としてもらえることに大きな喜びを感じます。

「出会えてよかった」そう言っていただけるように一生懸命治療いたします。

 

小学校4年生のときに母を亡くしました。その母の入院生活の中で感じた漠然とした「何かの役に立たないと」という思い。

その思いをよくわからないまま成長し大人になりましたが、鍼灸師としてやっと解放できたと思います。

患者様に喜んでもらえることが私の喜びです。

 

鍼灸の専門学校卒業後に勤めたのは、不妊治療を専門に行う鍼灸院でした。

なぜその分野に進んだのかというと、専門学校のクラスメイト(男性)が不妊治療中で、毎日授業が終わったあと彼に治療を行なっていてやりがいを感じたこと。また女性の身体について深く学ぶことになるので、鍼灸師として成長ができると思ったからでした。

ちなみにそのクラスメイトの彼は卒業後すぐ行なった顕微授精で奥様が妊娠。出産の報告をもらったときは嬉しかったです。

 

 

勤務していた不妊治療専門の鍼灸院では技術だけでなく、不妊症、婦人科疾患、女性の身体のこと、マクロビなどの食事療法など本当にたくさんのことを学びました。

毎日たくさんの患者様を治療し、多くの喜びを共有することができました。無事妊娠され鍼灸院を卒業されたあと、患者様からいただくご出産のご報告は本当に嬉しくて励みになります。この道に進んで間違っていなかったと感じる瞬間です。

そして、もちろん力になることができなかった多くの患者様もいらっしゃいます。あの患者様は今どうされているのだろうか、他になにか方法があったのではないかと毎日考えます。

 

 

その鍼灸院に勤務していたときに私が自然妊娠がしにくいこと、AMHが低いということがわかり(卵子の残り数が少ないと予見される)自身も不妊治療を行うために退職いたしました。

その後は出張業務を行いながら体外受精に挑戦。幸運にも1度の採卵、1度の移植で赤ちゃんを授かることができました。

分娩台で赤ちゃんを抱っこしたとき、本当に感動しました。

不妊治療を経て出産し育児をしている今、お子様を望まれている患者様の力になりたい、と更に強い気持ちで思っています。

 

 

赤ちゃんは本当にかわいい!でも最初はたくさん悩んだ毎日でした。

全然増えない体重、色々なところから色々言われるストレス、寝てくれない、自身の睡眠不足、肩こり、乳首がいたい、腰、腱鞘炎・・・

せめて身体だけでも楽になりたいけれど、赤ちゃんを連れていけて身体がケアできるところが中々なく、あっても行くのが難しい場所だったり。

自身のこの経験から、日々がんばる忙しいお母さんのための治療ができたら!と思っています。

 

身体が軽くなるだけで気持ちに余裕も生まれます。

毎日ニコニコはつらつと過ごせる毎日に。

患者様の過ごす毎日がよりよい一日となるように・・・そのお手伝いができたら嬉しいです。